So-net無料ブログ作成
検索選択

ピンポンの続きを考えてみる 108 [Ping pongの続き]

※この物語は、松本大洋先生のピンポン(ping pong)の続きをあくまで勝手に考えたものです。オリジナルの作品とは一切関係ありませんので、ご承知置きください。

スポンサーリンク






「第108話  アウト・オブ・クエッション」




予想外のプレーで2本連取に成功した神道は、頭をフル回転させていた。



- 次はどうする… -



そんな思いでいっぱいの神道を見ながら、小泉は隣で試合を見ていた月本に声をかける。



小泉「アウト・オブ・クエッション…どこまで持つかね」



月本「…?」



小泉「要するに、セオリーとは真逆の意味だね。直訳すると論外っていったところか…」



月本「…確かに、奇をてらったプレーが続いてますね」



小泉「同じカットマンとして、どう思う」



月本「…こんなに楽な相手はいないと思います」



小泉「確かに。奇をてらったプレーを続ければ、必ずミスが出る。さっきのもほぼマグレだしね。…ほら、今度は外れた」



二人の視線の先ではもちろん試合が進行しており、神道が先ほどと同じようにスマッシュを放ったものの、台から大きく外れてしまった所だった。



月本「カットマンはもともと耐え忍ぶ戦術ですから…普通にやっていれば点差は開いていくはずです」



小泉「うん、そうな」



月本「でも…」



小泉「でも?」



月本「本人だって、そんな事はわかってるんじゃないでしょうか」



小泉「…なるほど」



二人の試合は、小泉と月本の会話通り、徐々に点差が離れていく。



河野 10
神道 5



河野が、横回転のかかったロングサーブを出す。



バック側に来たそのサーブを、神道はバックドライブで返球した。



そこからは、またドライブ対カットの攻防…カットマンの試合はこの形になる事がほとんどであるが、この試合でもなんども見た形になった。



本来ならば、ここからは我慢比べ…先に隙を見せた方が負けるという、技術や戦略など含めた忍耐の勝負になる事が多い。



しかし、この試合で神道はその選択をせず、忍耐の勝負よりは奇をてらったプレーを多く選択してきた。



結果、河野の虚をついて得点をした事もあったが、その分ミスも増えたため、堅実なプレーを続けた河野の方が得点を多く重ねたのだ。



そしてこのラリーもまた、神道は忍耐で勝負をする気はなかった。



数球のラリーを経てスピード感が増してきたところで、神道はストップを選択する。



戦略としては、対カットマンに対しては定石のプレー…



しかし、神道は先ほどからこのストップを多用しており、河野の予想範囲内だった。



くると分かっているストップなど、河野レベルの選手にとっては捌くのは容易である。



今回もまた簡単に追いつき、回転の強いつっつきを神道のバック深くに送る。



神道からすれば、本来であればドライブかつっつきでラリーを組み立て直しに行かなければならない場面…



しかし、神道は振り回すようなバックハンドでスマッシュを放った…。



次のお話はこちら

スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 2

ショウコ

こんにちは。
最近予定がありすぎて本を読めず寝てしまうことが多いです(泣)
わたしは本は一気に読みたいのでその為の時間を早く作りたいものです。
むしろその為に予定ややることを済ませていってるようなものです(笑)
なので感想当分言えないかもしれないです。すみません!
そんな中『植物図鑑』の映画は観てきました!
やっぱり2時間という枠にサヤカと樹の過ごしてきた時間をまとめるほへ難しいみたいですね…
でもとてもほっこりして幸せになれる映画になってました!
もう一度植物図鑑読み直したいです!
アサキさんもぜひ大切な人と観に行ってみてください。

PS
『流星が消えないうちに』を買いました!読む日がいつになるかわからないけど楽しみです!
by ショウコ (2016-06-07 06:44) 

カツオ

ショウコさん

返信が遅くなってしまい申し訳ないです、ここ最近仕事が連日遅くなってしまい、ブログを開いていませんでした。。。

植物図鑑の映画、僕もこれか観に行こうと思います!
一人だけど…泣

流星が見えないうちに、買ってくださったんですね!
お忙しいと思いますが、ぜひ暇な時間に読んでみてください!
読み終わったら感想教えてくださいね!

アサキ
by カツオ (2016-06-20 14:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。